African Film Library

by on October 28, 2009 at 4:22 pm in Film | Permalink

It is now on-line and offers access to many of the very best African cinema.  You can pay for and download African movies, with 24-hour access; here is a brief summary.  This is a landmark cultural achievement.  Even for many cultural omnivores, African cinema remains a largely untilled pasture.  Even Wikipedia does not have a good article on African cinema.  I've seen about thirty African films in my life and loved roughly twenty of them.  My advice is to select randomly or to pursue their recommended and "most popular" features.

1 Claggins October 29, 2009 at 1:11 am

Africa-related: “Davis Econ Mustaches for Kids”

http://mycharitywater.org/econm4k

2 Ranil Dissanayake October 29, 2009 at 4:29 am

Mark Cousins’ brilliant book The Story of Film is one of the few histories of cinema that take African cinema seriously. Goes beyond the already celebrated, like Ousmane Sembene, and really looks at the contribution of African cinema to the widening of cinematic tropes and styles. He’s a particular fan of Djibril Mambety, Hyenas and Touki Bouki especially, if I recall. My favourite is probably Borom Sarat, a Sembene short film (30 minutes or so).

3 理想を貫く強 March 10, 2010 at 9:54 am

lcz
「自分自身を発見し、理想を貫く強い意志を持つこと」。new balance1918年、ボストンに小さな店をオープンしたティンバーランドの創業者airmax 95 、ネイサン・シュワーツが残したシンプルな企業理念は、アメリカのみならず、ティンバーランドのその名が世界的に知られるまでになった現在でも、経営陣から社員一人ひとりにまで浸透していますtimberland ブーツ。ティンバーランドには利益を上げることと同様に力を傾けている大きな目的があります。それは、より多くの方に新しい自分を発見していただけるような物を作ること。たとえば、大自然に囲まれての野外活動において、その愉しさを周囲の人々と分かち合えば、その喜びはきっと増すでしょう。timberland 6インチそうした目的を実現させるための商品作りにティンバーランド全員が取り組んでいます。
また、1989年、あるコミュニティ活動組織にブーツを50足寄付したことから始まり、ティンバーランドは現在までさまざまな社会貢献活動に携わってきました。そして今、timberland 6インチそれらの活動は世界中の人々とティンバーランドのスタッフがつながる重要な手段となり、さらには、私たちと協力することでお客様の社会貢献活動を実現していただくという理想的な関係が保たれています。ものづくりだけに執着することなく、顧客、社会との関わりを深めることで、ティンバーランドがどのような企業体なのか理解していただけると私たちは信じているのですtimberland 6インチ。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: